はてなブックマーク - 我が家にiPadがやってきた!その感想
Pocket

去年の話になりますが、我が家に突然iPadがやってきました。

スポンサードリンク

奥さんの妹夫婦が買った初代iPadの3G版の64GB。3G回線を解約したものを一応お借りするという形で我が家にやってきました。なので現在使用できるのは家の中のWi-Fiが届く範囲のみとなります。

私が一番最初に使ったアプリ

私が一番最初にダウンロードしたのが「無料で全巻!ブラックジャックによろしく」です。

無料で全巻!ブラックジャックによろしく + 無料で1巻! 新ブラックジャックによろしく App
カテゴリ: ブック
価格: 無料

13巻というボリュームが全て無料で読めるというなんとも太っ腹なアプリで初めて電子書籍というものを体感してみました。

「本や漫画はやっぱり紙だよな」と電子書籍を使ったこともないのに、勝手に決めつけていた私ですが、この漫画を読んでみて、全然「あり」なんだなあと思い知りました。

iPhoneでは画面サイズが小さいですが、iPadなら見開きを表示させても問題ない画面サイズ。

実際に使いもしないで、物事を決めつけるのは良くないことだと反省しました。

私の仕事部屋の本棚の3分の1が漫画で今なお増え続けているのですが、自炊して本棚をスッキリさせて、新たな断捨離をしたいという欲求も同時に起こってきました。

奥さんと子供たちの食いつきが半端ない

元々私のお下がりのiPhone3GSを使い倒している長男と、そして最近一緒になって使い始めた次男が興奮しないわけがありません。

「でかい!iphoneだあああ!!!」

iphoneより大きいので操作がしやすい。これにつきますね。子供向けアプリもそういった事からか、iPad用を用意しているアプリが多いです。

そして意外だったのが奥さん。奥さんは専用のWindows PCを持っていますが、ほとんど使われていません。それが毎日のようにiPadを使っています。

奥さん曰く「ブラウザを開くまでに至る時間が全然違う」との事です。

たしかにそうですよね。PCを起動してそれからブラウザを開くまでの時間と、iPadのホームボタンを押して、Safariをタップするまでの時間には圧倒的な差があります。

ちょっとした調べ物をしたいのに、その度にいちいち時間がかかるようでは、やる気が失せてしまいますよね。しかもiPadなら、検索しなくてもジャンルに特化したアプリも多数ありますから、さらに素早く欲しい情報が引き出せます。

奥さんは、レシピ関係のアプリが特に重宝しているそうです。

仕事やブログの執筆に使えるか?

メールのやりとりは問題なくできます。ブログの執筆や更新作業もやろうと思えば可能のようです。しかし、デスクトップやノートパソコンで出来ることを、無理やりiPadにやらせているという強引さがなくはないです。

逆にいえばiPadでなければいけない理由がないのです。

しかし子どもや奥さんにとってはiPadでなければいけない、iPadを使いたい理由がしっかりとあります。

iPadは一台しかありません。かつて日本の茶の間に存在したテレビのチャンネル争いのように、今我が家ではiPad争いが毎日のように起こっています。

もはや、そこに私が入り込む隙はありません。私がiPadを使うのは、子供たちが保育所に行っている時間か、奥さんと子供たちがまだ寝ている早朝ぐらいなものですw

そうなると大方の事は仕事部屋にあるデスクトップのiMacで済んでしまうんですよね。

やっぱりiPadは、それまでパソコンを使わない人が生活の一部として活用するものなんだと痛感しました。

我が家としては、私がiPadを仕事に活用するには、確実にもう一台ないと厳しい状況です。しかし冷静に考えると、いつでもどこでも気軽に使えるという点では、MacBook Air を持っている方がなにかと利便性が高いような気がします。

MacBook Airなら仕事部屋のiMacとのデータの連携もスムーズだと思われますし。

まとめ

  • iPadの活躍の場はやっぱりリビング。そして主役は普段パソコンに縁遠い、主婦や子供、そしてお年寄りなんだと思いました。
  • お父ちゃんが仕事に活用できない事はないけど、その為にはもう一台必要です。
  • でもiPadを買うくらいならMacBook Airの方がよいと思う今日このごろです。
2013年1月15日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数