はてなブックマーク - iPhone、iPhoto、iCloudで連動、写真同期機能フォトストリームが便利すぎる
Pocket

フォトストリーム機能、これが素晴らしい。簡単に説明するとiPhone、iPhoto、iCloudで、Eye-Fi カードとほぼ同じ機能を利用する事ができる。

iPhoneで撮影した写真が、iTunesやiPhotoと同期させなくても、iCloud経由で自動でiPhotoに写真が送られる。撮った写真データをPCに移動させてからブログに書くという人に特にオススメしたい。

スポンサードリンク

設定方法

Macでの設定

まずはOSをLionにしておく必要がある。でないとiCloudが利用できない。

OS X Lion をインストール(有料)

「システム環境設定」から「iCloud」を選択。iCloudにログインし

フォトストリームにチェック。

iPhoneでの設定

「設定」から「iCloud」を選択。

フォトストリームをオン。

iPhotoでの設定

iPhotoはiCloudに対応した最新版が必要。

iPhoto最新版にアップグレード(有料)

iPhotoを起動し、「フォトストリームを入にする」をクリック。

そしてiPhotoの「環境設定」の「フォトストリーム」の「自動読み込み」と「自動アップデート」にチェックが入っている事を確認。入っていなければチェックを入れておく。

フォトストリーム内の写真は30日を過ぎると自動で削除されてしまう。「自動読み込み」にチェックしておけば、フォトストリームの写真がiPhotoにダウンロードされるので、フォトストリーム内が変動しても写真データがなくなる心配はない。

これで完了。

Macと繋ぐ、同期させる手間がいらないのが素晴らしい

写真を撮影→Macに落とす。コードに繋ぐ、同期させる。日々ブログに写真を載せる人にとって、この作業は非常に面倒。しかしフォトストリームなら、iPhoneで撮影したものが自動でiPhotoにどんどん送られてくるので、非常に作業がスムーズだ。

Macブロガー必須の機能と言っていいだろう。

MacからiPhoneへ、他のデジカメとEye-Fi カードとの連動でさらに神機能へ

さらに凄いと思ったのは、他のデジカメで撮影し、Mac(iPhoto)に落とした写真データが、逆にiPhoneへ自動で送られるという機能。

例えば他のデジカメにEye-Fi カードを差してiPhotoに自動アップロードする設定にしておけば、iPhoneにも自動で他のデジカメ画像が送られるという事になる。

iPhoneでブログを書くという人もいるだろう。ブログ以外にもiPhoneからTwitterやfacebookなどに他のデジカメの写真をアップする事も可能になる。

まとめ

  • ブログを書く上での効率化、高速化につながる機能フォトストリームは素晴らしい。
  • 数年前に旅先でなくしたEye-Fi カード。再購入を検討してたが、我が家としてはフォトストリームのおかげで、ひとまず必要はなくなった。しかしデジイチに入れておくというのも無意味ではないと思う。
2011年10月27日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数