はてなブックマーク - 一つの鍋で大人用と子供用のカレーを作る方法
Pocket

カレーライス
カレーライス / HIRAOKA,Yasunobu

私は家で作るカレーはハウスのジャワカレー中辛と決めている。他は原則一切認めない方針だ。

しかし子供ができてからそうはいかなくなった。ジャワカレーは子供には厳しすぎる。(ジャワカレーの中からは他の一般的なカレーの辛口レベル)

よってルーを入れる前に、子供用と大人用に鍋を二つに分けて、辛口と甘口のカレーを入れて作る事になったのだが。洗う鍋が増えるという事もあるし、なんともこれが面倒くさい。

そして一度ルーを入れてしまったら、後戻りできないという問題もある。甘口がなくなってしまったら子供らのおかわりはないし、中辛がなくなって大人が甘口を食べるのも正直つらい。

そこで一つの鍋だけで、大人用と子供用のカレーを作る方法を紹介したいと思う。

スポンサードリンク

甘口を作れ!

おいおい、ジャワカレー中辛以外認めないんじゃなかったのかよ!と激しいツッコミが入りそうだが、まずは落ち着いて聞いて欲しい。

まずは甘口、我が家ではハウスのバーモントカレー甘口でまず一つの鍋でカレーを作る。子供たちはこれでオーケー。問題は大人だ。

レッドペッパーをふりかけろ

タイトルなし
タイトルなし / titanium22

大人は普通にご飯にカレーをよそって、その後カレーにレッドペッパーをふりかけ、スプーンで軽くかき混ぜる。たったこれだけで簡単に中辛〜辛口カレーができてしまう。我が家ではハウスのレッドペパーという粉末を使っている。

唐辛子だけじゃ、スパイスが足りないのでは?と思う方もいるかもしれない。しかし甘口のカレーのルーの中には辛味以外のスパイスがしっかり入っている。

足りないのはあくまで辛味なので唐辛子の粉末を投入するだけで十分中辛〜辛口の味が再現できるのだ。

やはり唐辛子だけでは物足りないという方には、ガラムマサラの粉末などもあるので、それを追加投入するというのもオススメだ。

ポイントはルーを入れる前

大事なポイントはルーを入れる前の状態で、しっかりと辛味以外の旨みを作っておく事。

カレーを激ウマにする魔法の缶詰

辛いカレーが好きな人にとって甘味と酸味が加わる事に魅力を感じないかもしれない。

しかしカレーの旨味を決めるのは、辛味だけではない。甘味、酸味、苦味、そして辛味。この全てがしっかりと入って初めて美味しいカレーが出来る。

甘味と酸味。(苦味も重要だがあまり強いと子供が嫌うのでローリエを一枚入れる程度で良いと思う。)これらをしっかり投入しておく事がポイントとなる。

我が家で、果物の缶詰以外に入れているものについてはまた改めて記事を書こうと思う。

まとめ

  • 大人は子供用の甘口にレッドペッパーやガラムマサラなどの粉末をかけて絡みを調節。これでカレー鍋は一つでオーケー。
  • 甘味と酸味をしっかりまとめておく事が旨みのポイント。
Tags:
2012年1月20日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数