はてなブックマーク - 本当に激辛!?噂の「ペヤング 激辛!やきそば」を食べてみた
Pocket

[email protected] です。

巷で噂になっているペヤングやきそばの激辛版。コンビニで発見したので思わず買ってしまいました。

スポンサードリンク

パッケージには脅し文句満載w

「辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の飲食は十分ご注意ください。」

「辛さレベルMAX!!」

唐突に激辛版を出しておいて、何がMAXなのか、基準がサッパリわかりませんが、とにかく激辛である事を強調しています。

辛みを調節する事はほぼ不可能

過去に日清のとんがらし麺という辛いラーメンを食べたことがあるのですが、辛みを調節する為に、辛み調味料が個別に入っていて、辛さを自分で調節する事ができました。

しかし!ペヤング 激辛やきそばには、かやくの他にはこの液体ソースしか入っていません。そう、辛み成分はソースにしっかり混ざっているのです。

まあ、このソースを調節するという方法はありますが、それだと辛み以外のソースの味が薄くなってしまう気がします。

日清のとんがらし麺は全ての辛味調味料を全部入れてもまったく平気な私だったので、今回は躊躇なくソースを全部投入しました。

出来上がり

お湯を注いで三分間。湯切りを行いソースをかければ完成です。

し、しかし箸でソースをまぜていると、なんだかむせ返るような匂い。食べる前から「あ、これは辛いぞ」と感じました。

そして最初の一口を勢い良く「ズルズル!!!」といただくと、まんまと辛さでむせましたww

後からジワジワなんて生易しい事はありません。速攻で襲う辛さ。これは一気にいかないと心が折れてしまうと直感しました。

二口、三口と辛さに押し負ける事なく食べ進んでいったのですが、、、、

「い、痛い、、、」

辛いという味覚から痛覚に一気に変わりました。

一緒に飲んでいた麦茶の消費量は尋常ではありませんでした。とにかく舌を冷たい飲みもので浸しておかないと痛みが引かないという事態。

旨いとか辛いとか、そういう次元の問題ではありません。あるのは「痛い」そして「しんどい」という思いだけww

食事してしんどくなるなんて最低です。責任を持って完食しましたが、もう二度と食べようとは思いませんww

興味本位で買おうと思っている方は決して温かい飲み物ではなく、冷たい飲み物を大量に用意しておく事をおすすめします。

まとめ

  • 普通のペヤングが一番ですw
  • 明日のトイレが恐ろしいwwwww
Tags:
2012年2月26日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数