はてなブックマーク - ストレス解消にキャンプ!疲れた心を癒してくれる「焚き火セラピー」のススメ
Pocket

2014061801

焚き火を愛する全ての男達よ!直火禁止を「ユニフレームのファイアスタンド」で切り抜け、思う存分焚火を堪能せよ! | サムリのブログ

私にとってアウトドア・キャンプとはイコール「焚き火」である。焚き火をするためにキャンプをしに行くと言っても過言ではない。

焚き火には不思議な魅力がある。

スポンサードリンク

炎への畏怖の念

火とは便利なものだ。焼いたり、煮たり調理をするうえで欠かせないもの。そして温かさも、もたらしてくれる。

そして火は美しい。

しかし大きすぎる火は、全てを燃やし尽くし、命さえ奪ってしまう危険なものになる。強く、美しく、そして恐ろしい。火に対して、私達は無意識に畏怖の念を抱き、厳粛な気持ちになるのかもしれない。

そのせいか、友人たちと焚き火を囲むと、普段饒舌な者が寡黙になり、普段寡黙な者がポツポツと普段話さないような話題を、ひとりごとのように皆に語り出すような事がある。

焚き火の炎によって、日常では引き出されない本当の自分が姿を現すのかもしれない。

自分を見つめる時間

トングで薪の形を整えたり、追加したり、うちわで火力を調節したりしている作業は、やったことのある人はわかると思うが、まったくといっていいほど飽きない。いつまでも、こうしていたいと思うし、夢中になりすぎて時間がすぎるのを忘れてしまうほどだ。

焚き火と向き合う間、時に無心になり、時に自分の夢、家族の幸せ、未来のこと、過去のこと、さまざまな思念が頭の中で湧き上がる。

焚き火を見つめる事で、何かが大きく解決するわけじゃない。何かがひらめくわけでもない。

ただその1つ1つの思念を、時間に追われずのんびりとじっくり、他の事をシャットアウトした状態で考える事で、脳がスッキリしていくような気がする。

普段の慌ただしい日常の中で、後回しにしてしまうような事。その中にとても大切なものが隠されている事があるし、それを常に残し、頭の片隅においてある事は知らず知らずストレスを生む事になると思う。

火を見つめる時間は、自分をみつめる時間であり、普段頭の片隅に追いやってしまっているような事をじっくりと整理する事ができる、いわば脳のデフラグとでも言おうか、あるいは脳の再起動か、とにかく頭の中のゴチャゴチャしたものがスッキリできる時間なのだ。

不規則な揺らぎの癒やし効果

火は一瞬として同じ形でいる事がなく、常に変化し続けている。形だけでなく「パチ!パチ!」と不規則に音もする。

不規則な自然の揺らぎは、人間に癒しの効果を与えてくれるという。焚き火だけではない。海や川の水の流れ、空を流れる雲の流れ、風に揺れる木々の揺らぎ。

常に変化する形と音。それをただぼんやり眺めるだけでも、人の心は癒やされていく。

ストレスが溜まってるなあと感じる人は多いだろう。それをお酒で解消する人もまた多いだろう。しかし本当に完全に解消しているといえるだろうか?その解消法はマンネリ化していないだろうか?

どうせ飲むなら是非、アウトドアで焚き火を囲みながら飲んでみてほしい。日常では味わう事のできない癒しが必ずあるから。

家族連れのアウトドア初心者に「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」をオススメする7つの理由 | サムリのブログ

アウトドア初心者、そして家族連れには「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」がオススメ。

焚き火を愛する全ての男達よ!直火禁止を「ユニフレームのファイアスタンド」で切り抜け、思う存分焚火を堪能せよ! | サムリのブログ
私にとってアウトドア・キャンプとはイコール「焚き火」である。焚き火をするためにキャンプをしに行くと言っても過言ではない。 …

最近のキャンプ場は直火の焚き火を禁止している所が多いから、焚き火台を用意しよう。

2014年6月18日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

イベント の最新記事