はてなブックマーク - あなたのヤル気とパフォーマンスを高める!毎日の習慣としてオススメしたい4つのタスク
Pocket

Working + Amish
Working + Amish / Anthony Albright

GTDを実践すべく、今も試行錯誤が続いております。どうも@samuriです。

ヤル気がでない、調子が上がらない、体調がよくない。そう、それは月曜日の朝に起こりがちな状態です。休み気分を引きずり、仕事モードにシャッキリと切り替わっていない事って良くありますよね。私もありました。

月曜以外でも、ちょっとした事で、気持ちやコンディションは上下し、パフォーマンスに影響してきます。

これらを少しでも日々上昇させ、かつ安定させるタスクを紹介します。一つ一つはとっても簡単な事です。

スポンサードリンク

1.深呼吸

朝、デスクに座ってすぐに、ゆっくりと深呼吸をします。

脳に、そして体全身に酸素を行き渡らせる事で、頭がシャッキリしてきます。そして心が落ち着きます。

私は昼休憩の後の午後の仕事のスタートにも深呼吸のタスクを入れています。時間は約1分。

また、仕事でトラブルが起こった時、パニックになりそうな時、人は呼吸が浅くなります。その状態で下す次の判断は、慌てたものになって、さらなるトラブルやミスを起こしてしまう可能性が高まります。

そんな時も、まずは最初に深呼吸。そして落ち着いてから、状況を把握し、次の判断を下すようにする。これだけ気持ちも仕事の進み具合も格段に変わっていきます。

2.ストレッチ

デスクワーカーにとっては職業病とも言うべき厄介な肩こり。肩や首の凝りや痛みを気にしながらではパフォーマンスは低下してしまいます。

朝、昼、そしてラストスパートをかける終業前の三回。約2分〜3分、肩や首周りのストレッチを行います。気をつけたいのは、この時呼吸を止めないこと。ゆっくり呼吸しながら、ストレッチを行いましょう。

3.目薬

肩こりに通ずるのが眼精疲労。毎日パソコンの前で仕事をしていると、かなり目が疲れてきます。

これも朝、昼、そしてラストスパートをかける終業前の三回。辛い時には寝る前にも、定期的に目薬を差すことで、眼精疲労はかなり軽減されます。

4.自己暗示の言葉

私は朝と午後一に、自分のヤル気を高める言葉を発します。「毎日が楽しい」「ヤル気を出すぞ」など、本当はヤル気がでない状況でも、口に出すことで、人はその言葉の方へ自然と引っ張られていきます。

言葉の内容は人それぞれ違ってくると思いますが、自分を褒める、目標を宣言する、という方法も良いと思います。

ポイントは小声でもいいから声に出す事です。

私が使っているタスク管理ツールは「Toodledo」

私は以上4つのタスクをToodledoというタスク管理ツールに平日月曜から金曜まで繰り返し表示させるよう設定し、チェックしています。

Toodledo – To Do List App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥250

PCではブラウザ上で操作でき、iPhoneアプリと同期が可能です。

http://www.toodledo.com/

2012年7月25日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数