はてなブックマーク - 廃業しかけた私が思い知った、これからフリーランスを目指す人に伝えておきたい4つの大切な事
Pocket

Unemployment line at FDR
Unemployment line at FDR / kanu101

今年でフリーランス8年目を迎えます![email protected]

[email protected]

[email protected][email protected][email protected]いけないどん底にまで落ちました。

なんとか立ち直りつつあります。その時に思い知った事は、これからフリーランスを目指す人にとって、役に立つかもしれないと思ったので、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

貯金はしておけ

羽振りがよい時に、しっかり貯めておけば、下がった時に持ちこたえる事ができます。

毎月変動しがちですが、上昇した時を基本にせず、生活水準を安易に上げないことが大切です。

変動する収入に左右されず、最低限度のラインで、毎月同じ金額でやりくりする事を強くおすすめします。

私は収入が安定していた時期に、毎月定額で生活して、残った分は全て貯金または資産運用にまわしてきました。おかげで、収入が激減した時期はこれらを切り崩す事で、乗り切ることができました。

次のビジネスへの投資を怠るな

これは私がやってこなくて心から後悔し、反省した事です。

芸は身を助けるといいますが、逆に芸は身を滅ぼす事にもなります。

一つのスキルで仕事が埋まり、毎月安定して食べていけた事で、私はそのスキルに頼りきり、新しいスキル、新しいビジネスの開拓を完全に怠っていました。

その結果、そのスキルの仕事が完全になくなってしまった瞬間に、私は廃業の危機に陥ったのです。

目の前の仕事だけをこなして終わりでは絶対にいけません。常に新しいビジネス、新しいスキルの習得に挑戦しつづけないと突然のアクシデントに対応できなくなります。

本を読む、勉強する、セミナーに行く、人と会う。

今目の前にある仕事で手一杯だからと言い訳せずに、毎日少しづつでもいいので、新しい事に挑戦する事が大切です。

人のつながりを大事にする

知らないと地獄を見る!?「フリーランスに必要なバランス感覚」とは? | サムリのブログ

「フリーランス=自由」というのが間違いである事と同じように「フリーランス=一人、孤独」というのも間違いだと思っています。

作業をするのは一人ですが、孤独のままではフリーランスを続けていくのは難しいです。契約ではなく信頼で繋がる結びつきなしには成立しないです。

相談したり、励まし合ったり、助け合える仲間を作っていく事もフリーランスではとても重要です。

フリーランス【個人事業主】は個人、一人で仕事をしていくスタイルです。作業している時間は確かに孤独かもしれませんが、決して一人だけで成り立っていけるものではありません。

クライアント、同じフリーランスの仲間、仕事を手伝ってくれる外注さん、様々な人間関係の上で成り立っているのは、サラリーマンと変わりありません。

下手に結果が出せていると、全て自分一人の手柄だと過信してしまいますが、どんな時でも人とのつながりがあってのフリーランスなんだという事を忘れずにいましょう。

私が廃業寸前から、這い上がれたのは、周りの方に助けていただいたからです。私一人では正直どうする事もできませんでした。

良い時も、悪い時もどこかで誰かが見ています。驕らず、腐らず、常に誠意を持って人と接していく事が大切です。

ブログはやっておくべき!

最悪普通の日記でも構いません。自分をできる限り多くの人に知ってもらう為に、ブログは非常に有効です。

できれば日記だけではなく、日々学んだ事、知った事、感じた事の情報出しを徹底的にブログに晒す事で、そこから新しいビジネスの目が生まれてきたり、仕事の依頼が舞い込んでくる事もあります。

上手く行けば、ブログそのものを使ってマネタイズする事も可能です。

私も仕事をほぼ全て失いましたが、このブログや他のサイト運営で毎月コンスタントに入ってくるアフィリエイト収入は、貴重な収入源となり、今でも助かっています。

まとめ

  • 次の一手を怠っていると、突然収入が激減する日がやってくる可能性があります。目の前の仕事だけにとらわれずに、日々考えていく事がなによりも大切です。
2013年2月18日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数