はてなブックマーク - 忙しいフリーランスに捧ぐ!1年分の確定申告の準備を2週間で終わらせる具体的な方法
Pocket

やよいの青色申告 13

わっしょい!今年も丸々1年分の帳簿つけを溜め込んでいます![email protected]

[email protected][email protected][email protected][email protected]況が恒例と化しております。

しかしです。溜まりに溜まった1年分の確定申告を短期間で終わらせる方法があるんです。その具体的な方法を紹介したいと思います!

スポンサードリンク

大原則として専用ソフトを使いましょう

手書きで帳簿つけをしていたのでは、アウトです。私は開業時から「やよいの青色申告」を使い続けております。帳簿付け、そして申告用紙も全て専用のソフトに入力し、出力する事が大前提となります。

持っていない人は速攻で購入しましょう。

作業をリストに書き出し細分化する

なぜ毎月コツコツできないのかといえば、それは毎月仕事で忙しいから。という事はこの確定申告の2月〜3月の間だって仕事で忙しいんです。

それなのに1年分をやらないといけないという状況が、毎年フリーランスの頭を悩ませ、パニクらせるのです。

ではどうするか?

まず確定申告で行わないといけない作業を細かく書き出します。

私の場合は以下になります。

  • 領収書の整理
  • 領収書をスクラップブックに貼り付ける
  • 領収書を記帳する(経費の記帳)
  • 銀行口座の出し入れを記帳する(預金出納帳)
  • 請求書プリントアウトと整理
  • 請求書の記帳(売掛金の記帳)
  • 家事按分の経費の記帳
  • 必要書類の出力

だいたいこんな感じです。最後の二つの「家事按分の経費の記帳」と「必要書類の出力」以外は全て12ヶ月分の作業があるので、各タスクをさらに1月から12月までのリストを作り細分化するのです。

私はこのタスクをオムニフォーカスというアプリで管理しています。

OmniFocus App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥6,900(記事更新現在)


OmniFocus for iPhone App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700(記事更新現在)

各タスクに1月から12月の項目を設定して、終わったらチェックを入れてタスクを消す。これを見ながら毎日作業をしています。

2013022101

こんな感じです。

こういった形で管理できれば、オムニフォーカスでなくても別に構いません。普段使い慣れているタスク管理アプリでリストを作ってみてください。

細分化してリスト化する意味

なぜ細かくリスト化するのか?

先にも書きましたが、確定申告をしないといけない今の時期も通常の仕事で忙しいわけです。そんな中、確定申告に向けた準備を進めていくには、スキマ時間を活用する以外に方法がありません。

スキマ時間とは仕事と仕事のちょっとした合間、休日のちょっとした時間です。それは下手をすれば5分〜15分ぐらいのものです。

その短い時間に確定申告の準備の作業を入れていくには、次に何をしたらいいのかを毎回考えて、手探りで目についた作業から手をつけていたのでは、貴重な時間をロスしてしまいます。

細分化してリスト化しておけば例えば、次は領収書貼りの6月分からやればいいんだという事がすぐに分かるので、即作業に入れます。

またリスト化しておく事で、後どれくらいの作業が残っているのか、自分は今どれくらいの所にいるのかが俯瞰で見る事ができるので、時間の確保の調整や、ピッチの上げ方も見えてきます。

先が見えない作業というものほど精神的に疲れるものはありません。

リストという計画表を見ながら進める事で、無駄に焦ったりパニクったりすることを防ぐ事もできるのです。

月単位ではなく作業単位ですすめていった方がいい

月単位で、1月の領収書を記帳して、売掛金を記帳して、預金出納帳を記帳。そして2月の、、、と進めていくのは今この段階では効率が悪いです。

領収書の記帳を開始したら1月から12月まで一気に進めていく。作業は進めていくとリズムが生まれ、ペースが上がります。そこに他の作業を入れてしまうとリズムとペースがダウンします。12月分まで完了するまで、他の作業はしない方がいいです。

任せられるものは他の人に頼む

細分化された作業の中で、他の人に頼める事はできるだけ頼むのも手です。

私は領収書を月ごとに分ける作業と、スクラップブックに貼り付ける作業は全て奥さんにお願いしました。これだけやってもらうだけでも全然違ってきます。

去年の書類を出しておく

毎年直前に準備しているという事は、この一連の作業は1年ぶりにやるという事です。

となるとけっこう色んなことを忘れてしまっているわけです。その手助けとして去年分の書類を用意して、見ながら作業していくと、思い出しやすいし、完全に忘れている事も確認ができます。

まとめ

  • 確定申告のソフトは必須
  • 作業を細分化してリスト化
  • 進行度合いを俯瞰で常にチェックしながら、スキマ時間に、やっていく
  • 月単位ではなく作業単位
  • 他の人に任せられるものは、ドンドンお願いする
  • 去年の書類を出しておくと、忘れた時に便利
2013年2月21日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数