はてなブックマーク - 「メタルギアソリッド5 ファントム・ペイン」のスネーク役になんとキーファー・サザーランドが大抜擢!
Pocket

2013060801

KONAMI Pre-E3 SHOW 2013にて『MGSV』英語版のスネーク役声優が発表 – Game*Spark

E3 2013の開催を目前に、先ほど実施されたKONAMI Pre-E3 SHOW 2013にて『MGS』シリーズ最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の英語版スネーク役の声優が発表されました。初代スネーク役のデヴィッド・ヘイター氏に変わり、新たに起用されたのはテレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』シリーズのジャック・バウアー役で知られるキーファー・サザーランド氏でした。

これはちょっと驚きのニュースですね。

スポンサードリンク

メタルギアソリッド5のスネーク(ビッグボス)は49歳という設定。その年齢にあった表情や声を求めて今回はじめて変更となりました。

キーファー・サザーランドは声優だけでなく、フェイシャル・キャプチャー、すなわち顔の演技も担当するという事のようです。

5のテーマは復讐(Revenge)と人種(Race)

今までのメタルギアソリッドシリーズには必ずテーマがありました。

MGS(メタルギアソリッド):Gene(遺伝子)
MGS2(メタルギアソリッド2):Meme(文化的遺伝子)
MGS3(メタルギアソリッド3):Scene(時代)
MGS4(メタルギアソリッド4):Sense(意志)
MGSPW(メタルギアソリッド ピースウォーカー):Peace(平和)

必ず最後に「e」が付いていたんですが、で今回の「メタルギアソリッド5」のテーマは2つ

復讐(Revenge)と人種(Race)

やっぱり最後に「e」が付いています。そしてどちらも重たいテーマ。

オープンワールドだけでなく、キャラクターの表情での演技にも力を入れているという事で、さらなる進化を遂げていくみたいで楽しみですね。

ファンとして唯一ちょっぴり心配なのは、日本語版。まさ大塚の兄貴が降板なんて事はないですよね?

スネーク=大塚明夫。まさに一心同体だとファンは思っていますし、演技の幅は折り紙つき。どんな年齢のスネークだって演じきってくれるに決まっています。

キーファー・サザーランドの英語版もいいですが、やっぱり大塚の兄貴の「待たせたな」が聞きたいですよね。

2013年6月8日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

ゲーム の最新記事