はてなブックマーク - 果たして残酷なのはどっちか?〜うさぎ狩りのエントリーのレスから見えた、可愛いから、賢いからという線引きの残酷さ〜
Pocket

Fake blood
Fake blood / joshme17

うさぎはかわいい味がした。うさぎ狩りと解体してきたよ。 | ちはるの森

この間、ご縁があってうさぎ狩りに参加してきました。

この記事は2013年4月のエントリーで、個人的にはすでに一通り読ませてもらっていて、その時にいろいろと考えさせられたんだけど、ふとFacebookのタイムラインに流れてきたのでちょっと思った事を。

スポンサードリンク


どっちが残酷?

放射ごにょごにょ関連は華麗にスルーしときます。

で、すごく引っかかったのは「可愛いから可哀想」「賢いから可哀想」「家族がいたはずなのに可哀想」という意見。そしてそういった連中が、最後に締めくくるのは「死ね」の言葉。

ウサギの死には胸を痛めるが、その代償として人間に対して「死ね」と発せられる事に対して、激しいギャップを感じずにはいられない。命を尊重しているのか?してないのか?どっちやねんて。

また、彼らの言葉を裏返すと「可愛くなければ死んでもいい」「賢くなければ死んでもいい」「家族がいなければ死んでもいい」ということになる。

そこには無意識に、毎日のように食卓に並んで食べている肉に関しては、触れていないというエゴがある。牛や豚や鶏は可愛くないし、賢くもないし、家族もいないんだ?

そもそも、どこからが可愛くて、どこまでが賢くないんだろう?

その基準は一体どこにあるの?

俺は、ウサギをさばいた彼女よりも、可哀想だと残酷だと彼女を断罪しつつ、「可愛いから」「賢いから」という曖昧な線引きで、人に対して平気で「死ね」と言えてしまう連中の方が、寒気がするほど残酷で恐ろしいと思ったよ。

俺が感じたこと

俺も画像にはショックは受けたけど、 本来生きるってこういう事だよな。俺達はこういう事を他人に代わりにやってもらって生きているんだよな、そう思った。

命をいただくという事。そして命を断つ仕事をしている人がいるという事。

感謝だよな。

全てにおいて感謝の心をもって無駄なくしっかり食べる事、それが大事だよな。

俺はそう思った。

全ての命は、他の命の上に成り立っている。

この原理からは誰も逃れられない、、、はずなんだけどね。

豚をペットとして飼っている人っているらしいね。ミニブタっていうの?

可愛いし、けっこう賢いらしい。当然親がいて家族がいるよね。そういう人が同じ論調で、ウサギも酷いけど、豚肉を食べるのも残酷、酷い!と自分達の横に並んできて、声を上げられたら、連中はうんうんそうだねって言って、今日から豚肉を食べるのをやめられるのかな?

たぶん無理だよね。

連中が守ろうとしているのはそういう事じゃなくて、ただただ自分の都合だけなんだろうなって思ってしまう。

自分の手を汚さないで、都合の良い所だけを拾って褒めたりけなしたり。

やっぱり怖いわ。

2013年11月19日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数