はてなブックマーク - 弊害のないたった一つの早期教育「絵本の読み聞かせ」の5つの効果
Pocket

2013033101

わっしょい!毎晩寝る前の読み聞かせを習慣にしています。どうもサムリ@samuriです。

百害あって一利なし?本当は怖い!早期教育で引き起こされる4つの弊害 | サムリのブログ

ゆとり教育の反動からか、私のまわりでも「早期教育」というのが話題になっています。しかし、どうやらそれは良い面ばかりではないようなのです。

こんな記事を書きましたが、デメリットのない早期教育も存在します。それは「絵本の読み聞かせ」です。

スポンサードリンク

効果.1 親子の絆が深まる

読み聞かせの最大の効果は、学習効果よりも親子のコミュニケーションとスキンシップが取れる点にあります。

側に寄り添って、一緒に横になって、膝の上に乗せて。読み聞かせとはスキンシップの場です。

そして「これは何?」「次はどうなるかな?」と親子でお互いに会話をしながら読み進めるものです。同じ絵本について話し合う事は最高のコミュニケーションといえます。

また、子供にとって親の声ほど安心するものはありません。親の声を聞きながら、寄り添っていられる読み聞かせは、子供にとってはこれ以上無い「安心と癒しの時間」でもあります。

無償の愛を全身で感じる事で子供は、自信と自身と親への信頼を身につける事ができます。

効果.2 想像力と感受性

次のページの展開を子供のペースでじっくり考える事ができるのが絵本の良さです。テレビは展開が早く、一方通行の為、考える時間がありません。

ページを止めて、親子で次の展開を予想する事で想像力が養われます。

また登場人物の感情を汲み取る事で、相手の気持ちを理解する能力も養われます。人の心の痛みがわかるという事は、懐の深い優しい人間になると思います。

情操教育という点で読み聞かせは非常に有効だと考えます。

効果.3 集中力が身につく

読み聞かせを通して、集中力が身につきます。

これは子供たちを見て、とても実感しているのですが、読み聞かせ以外の、絵を描いたり、パズルで遊んだり、ブロックで遊ぶ時にも集中力が発揮されるように感じています。

効果.4 本が好きになる

絵本の読み聞かせを多く経験した子は、そのまま本が好きになる事が多いです。

本への抵抗をなくすという事は、勉強そのものへの抵抗をなくす事に通じるはずです。本を好きになってもらう事と同時に、図書館に足を運ぶ事も習慣化し、好きになってもらえたら最高です。

我が家では月に1~2回、図書館で子供たちと一緒に本を借りるようにしています。

図書館を、面白い本、新しい知識に出会えるワクワクする場所と思ってもらえたら素晴らしいですね。

効果.5 学習効果

ひらがな、カタカナ、数字が身近になるので、覚えるきっかけになります。また絵本のストーリーによっては社会のルールや道徳を学ぶ事も可能です。

読み聞かせのメリット

ただ記憶する能力を発達させ、記憶する量を増やす事だけに集中した類の早期教育が持つデメリットを、読み聞かせは見事に補完しているといえます。

学習効果よりも、まず親子の絆を深め、想像力と感受性など考える力を養う事ができる点が重要なポイントかと思います。

我が家の場合

私の場合ですが、あまり学習効果には重点を置いていません。

最大の目的は本を好きになってほしい、そしてその延長上として学ぶ事を楽しいと思って欲しいのです。今すぐに出る効果は求めていません。

今勉強が出来る子ではなく、いつまでも学ぶ事を好きでい続けられる子になって欲しいのです。

本に対していいイメージを持っていて欲しいので、とにかく今は、親子で笑える、面白いもの、楽しいものを中心に図書館で借りるようにしています。そして子供たちの好みやインスピレーションを優先して、本人が借りたい、読みたいと思うものにもしています。

私も子供たちも大好きなのが、不条理な展開で有名な長新太さんの絵本です。とにかく話が意味不明で、先の読めない展開とオチに子供たちはゲラゲラと笑っています。

そして毎日寝る前に2〜3冊を読むことを習慣にしています。

読み聞かせが、親の私にとっても、子供たちにとっても生活の一部になっています。寝る前は「絵本タイム、絵本タイム」と子供たちの方から、本を選びスタンバイをしている毎日です。

まとめ

  • 親のほうから無理強いをしない限り読み聞かせにデメリットは存在しないと考えます。
  • 読み聞かせに優る早期教育、幼児教育はないと断言します。
  • 楽しい、笑える、面白い本をチョイスして親がまず楽しんで笑ってあげると、子供も一緒につられて笑ってくれます。本を読むって楽しいと思ってくれたら、子供の方から読んで欲しいと言ってきますよ。
2013年4月1日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数