はてなブックマーク - これからパパ・ママになる方にオススメしたい!0歳児からの読み聞かせ
Pocket

2013040401

え〜0歳児から読み聞かせなんて、ちょっと早いんじゃないの?

そう思われる方がいるかもしれませんが、これは強くオススメしたいです。

スポンサードリンク

3ヶ月頃から読み聞かせしていました

写真はうちの長男が3ヶ月ぐらいで、実際に私が読み聞かせしている時のものです。

1日に1冊程度、本人が興味をなくしたらすぐにやめるというスタンスで続けていました。まだ首が座るか座らないかの時期なので、読み聞かせするのは体制がちょっときついですw

時にはいっしょに私も仰向けになって読んだりしました。

本は玩具の一つ

目的は絵本に慣れ親しんでほしい。ただそれだけです。

なので最初のうちはただペラペラとページをめくるだけにしたり、表紙と背表紙の絵を交互に見せるだけで、絵本を玩具のひとつとして遊んでいる感覚です。

次男にも同様にこのぐらいの時期から読み聞かせを始めていました。

1歳ぐらいからは、もう自分から絵本を持ってきて、これを読んで!と膝の上に座る習慣がついていました。早くから始めた事で、読み聞かせをしたけど、子供が集中して見てくれないという事はあまりありませんでしたし、少しでも集中力が切れてきてたら、無理せず他の遊びに切り替えていました。

集中力に差が出るかもしれない

保育所の先生から、長男次男共に、絵本や紙芝居、ペープサートの時の集中して最後まで見続けられて凄いと褒められました。また次男は現在2歳ですが、2歳にしては扱う言葉の数が多いとも褒められました。(まあ、上にお兄ちゃんがいるというのも影響しているかとは思います。)

絶対的な根拠はないのですが、小さい時期から絵本に慣れ親しんだ事で、少しづつ集中力が養われ、絵本や物語が好きになり、ついでに言葉も早く覚えてくれているのかなと思うのです。

長男がハマった絵本

ハンドパペット こいぬのコロ

あかちゃんのあそびえほんシリーズです。0〜2歳までを対象としています。めくるとキャラクターの表情が変わったり、おじぎをしたりと仕掛け付きの絵本で、何度読んでも飽きることがありませんでした。

次男がハマった絵本

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)

次男も長男と同じ「あかちゃんのあそびえほん」が好きでしたが、他にこの「じゃあじゃあびりびり」も大好きでした。

単純な擬音が書いてあるだけのシンプルな絵本です。最後は次男は字も読めないのに、一人で「ビリビリビリ」「わんわんわん」と声を出してページをめくっていました。

まとめ

  • 玩具の一つという軽いスタンスで0歳児の頃から読み聞かせを少しづつはじめていくと、すんなり絵本好きになってくれるはずです。
2013年4月4日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数