はてなブックマーク - 【那須高原】脅威のリピーター率!イマドキのキャンプ事情に驚いた「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」
Pocket

201352201

家族で初キャンプ!!【週刊サムリ:5/19】 | サムリのブログ

キャンプ場ってこんなに進化しているんですね。とにかく驚きと感動で一杯の一泊二日でした。

私達家族4人と、友達家族4人の合計8人で、1泊2日のキャンプに行ってきました。

スポンサードリンク

場所はキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

こどもにきゃんぷ!キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(北関東/栃木県)| 初心者にも安心のコテージ!

場所はキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原。

那須ICからだいたい10分程度でしょうか。高速を降りてから近いというのがいいですね。朝6時ごろに出発したので、渋滞に巻き込まれる事なく、スムーズにたどり着くことが出来ました。

ここ「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」は、誘ってくれた友達家族が何回も来ているキャンプ場でした。

ボックスキャビン(広めのデッキ)

201352203

201352202

ずっと座っていたくなる心地よいデッキ空間 『ボックスキャビン/広めのデッキ』 |  キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

8人まで使える大きめのキャビン。

201352204

今回は使用しませんでしたが、BBQ用のグリルがあります。

201352205

屋外用の椅子とテーブル(なぜかウッドデッキに最初置いてありましたw)

201352206

そしてウッドデッキ用の椅子とテーブル。テーブルクロスをひいて食事ができます。

グリルを使うスペースにも屋根がついているので、雨が降ってしまっても、料理や食事に支障はありません。

201352207

201352208

2段のダブルベッドルームが2つ。マットレスが用意されているので寝袋だけあれば、OKです。

子供たちは大興奮ですww

家族連れの為のキャンプ場

キャンプ場のターゲットが完全に家族連れなんですよね。

キャンプって大人は着くなり荷物を運んだり、テントの設営をしたり、夕飯の準備をしたりで、忙しいものです。

しかし子供は着くなり、何もすることがなくなります。準備している周りをウロウロされるのも正直邪魔だし、どこかで遊んでいてくれればいいのですが、私の知る昔のキャンプ場というのはそういう子供の遊び場というものはなくて、子供が遊ぶにもやっぱり大人が見ていないと危険だったりするんですよね。

201352209

遊具・遊び場・じゃぶじゃぶ池の紹介 | キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(北関東/栃木)

夏は子供たちで大賑わいの、人気No.1のプレイスポット! 水着や着替えの用意をお忘れなく・・・。 水深・約40cmで小さな子供でも安心して水遊びできます。自由に遊べます。
大人はデッキでおくつろぎください。

ここにはなんと水遊びができるスポットがあるのです。しかも管理事務所のすぐ前にあり、そして親がゆったりと座って見守れるカウンターが用意されています。

しかもそのカウンターには、夕方まで生ビールの販売も行われているのです。

諸々の支度が済んで、一息入れたい時に、午後の子供たちの遊びの時間をのんびりとビールを飲みながらリラックスできてしまうなんて。これはキャンプと言うよりもリゾートのような贅沢な一時です。

子供たちも思う存分に水遊びを堪能できて、目がキラキラしていました。水遊び場の他に2歳の次男も楽しめる滑り台などの遊具もありました。

親と子供、両方を満足させてしまうツボを心得ているキャンプ場だと思いましたよ。

飽きさせないイベント、脅威のリピーター数

そして要所々々に用意されたイベントの数々がさらにキャンプを盛り上げてくれます。

じゃぶじゃぶ池での遊びのイベントや、豪華アウトドア用品が当たるビンゴ大会、自分達で作るハンバーガー、など退屈させません。個人的にいいなあ、と思ったのはそれらのイベントに押し売りや、押し付けの類が一切ない事。

参加したい人は参加すればいいし、参加しないで他の事をしたい人はそれはそれでまったく自由なのです。受け皿は広く設けているものの、キャンプ本来の自由さまで奪ったりしない所も好感が持てました。

とは言うものの、子供たちは気になるわけです。そしてイベントに参加して、このキャンプ場の虜になるんです。

私が驚いたのはリピーター率の高さ。イベントに参加している他の家族連れの多くは、何回も来ているリピーター。会話を聞いているとすぐに分かるんですよね。

うちの長男もしっかりとハマったみたいです。キャンプから帰ってからずっとキャンプの事しか話しません。じゃぶじゃぶ池でまた遊びたい。またハンバーガー作りたい。またあそこのキャンプ場に行きたいと。

我が家もリピーターになる可能性大です。

昔のキャンプとは違う

私の知るキャンプとは「苦労を楽しむ」ものでしたが、それは確実に変わってきているようです。しかし家族連れ、特に小さい子供を持つ親としては、これくらい便利で高いサービスを提供してくれるキャンプ場というのも「あり」ではないかなと思いました。

まずはここからスタートして、子供の成長と共に難易度の高い、苦労を楽しむキャンプに移行していっても良いのかもしれません。

正直値段はちょっとお高めです。しかしその分サービスは充実しています。アウトドア初心者にも優しいので、家族連れでキャンプをしたいという方に「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」オススメしたいと思います。

2013年5月27日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数