はてなブックマーク - 我が家の秋の恒例行事に新兵器投入!!カブトムシの幼虫の糞の除去の儀を無事とり行いました
Pocket

カブトムシ

カブトムシの幼虫の飼育初心者へ告ぐ!フンをちゃんと除去しているか? | サムリのブログ

私は、子供の頃にカブトムシを飼育していた事はあるが、実は産卵から幼虫、そして成虫になるまでをしっかり飼育した経験がなかった。なもんで、まるで飼育のいろはを知らず、幼虫は飼育マットの湿り気だけしっかりしておけば、勝手に成長して成虫まで一気にいくもんだと思っていた。

早いもので、長男のために飼い始めたカブトムシも今年の夏で三代目、そして今四代目の幼虫がスクスクと育っております。

我が家の秋の恒例行事となりました、カブトムシの幼虫の糞の除去の儀、第一回目が滞りなく終了いたしました事をご報告させていただきます。

スポンサードリンク

やはりカブトムシでも同じ親同士での交配が続くのは良くないので、毎年保育所の友達や、甥っ子の家などと上手にカブトムシのトレードをしてやってきました。

今年の夏は、お義父さんの知り合いの方から、かなり大きいサイズのオスをもらったので、その子供たちもきっと大きくなるんじゃないかという事で期待しております。

20131028k02

糞の除去を10月〜12月までに複数回やっておかないと、ケースのほぼ全てが糞になってしまい、食料を失い酸欠になり、幼虫は死んでしまいます。

今回は新兵器を投入。過去2回の経験を踏まえて、今回ようやく園芸用のフィルターアミを購入しました。網の目が3種類ありましたが、一番目の細かいものを使用して除去開始です。

速い!速すぎる!!!

もっと早くこれを買っておけば良かったと思うほど、短時間であっという間に糞の除去が完了しました。ちなみに今までは子供の砂場で遊ぶ玩具のふるいをフィルターとして使って何十分もかけておりましたwww

20131028k03

ぐえー。みてくださいこれ全部がカブトムシの幼虫の糞です。実に2/3以上が糞でした。

20131028k04

今回は10匹確認できました。途中で死んでしまった幼虫の死骸は確認できなかったので、最初の卵の段階で10個しか産卵しなかったようです。

今回はちょっと少ないですが、その分個体の大きさが結構大きいのではないかと思います。(正確に測ったわけではないですが)

来月11月も忘れずに、糞の除去と新しい土の追加をして、10匹全員無事に成虫になってもらえるよう頑張りたいと思います。

一般的なホームセンターなどではもう虫コーナーはなくなっているので、カブトムシの飼育マットを売っている所はほとんどないでしょう。専門店か、ネットで購入しておきましょう。

Tags:
2013年10月31日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数