はてなブックマーク - 予想外の効果あり!ブロガーが週記を書くべき3つの理由
Pocket

Diary 1
Diary 1 / Leyram Odacrem

わっしょい!お白湯を飲んでも眠いものは眠い!どうも@samuriです。

ブログが続かないという人のための、週記のススメ

週記は書きやすいです。ブログが続かないという人にお勧めです。

かん吉さん(@kankichi)さんのエントリーに背中を押され、休止していた週記を復活させました。

今回はブログで週記を書くメリットについて書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

理由1.ブログに書くネタが増える

ブログが続かないという人のための、週記のススメ

ブログを更新し続けるには、日々の生活で起きたことを何でもネタにする意識が必要です。しかし、記事にするには、ボリュームが必要です。記事にするまでもないネタもあります。

小ネタでも週記に入れて更新が出来る事が分かると、日常のネタ探しのアンテナが一気に広がります。底辺のネタの受け皿がある事で、自分で勝手に取捨選択する必要がなくなります。

面白いもので、週記ネタだなと思ったものが、思った以上に文章が進んで、立派な一個の記事に成長する事があります。実際に私も昨日の週記に書いた小ネタの一つが、独立しました。(今週中にアップする予定です。)

週記という受け皿が、週記以外のブログ記事を充実させる効果を生むのです。

理由2.備忘録として非常に有効

これは読み手の為ではなく、あくまで書き手である自分自身の為ですが、何気ない出来事や、ちょっと思った事、考えた事などを週記として書き留めておく事で、後で読み返した時に役に立つ事があります。

例えば、ブログの管理人のプロフィールページで情報を書き足す時に有効です。

また子供の成長の記録を残しておくと、思い出になりますし、病気にかかった時の事を書いておくと、同じ病気にかかった時や、弟や妹に似た症状が出た時に、どうのように対応し、処置すべきなのかが分かります。

理由3.ブロガーの顔や人柄が見えてくる

何気ない日常の積み重ねである週記を読み続けていく事で、その人のライフスタイルの輪郭が見えてきます。どんな物が好きで、どんな事に関心があるのか。

他の記事からでも見えてきますが、週記には飾らない日々の生活の匂いが感じられると思うのです。週記ではてブを狙う人はまずいません。ありのままの素直な思いが出やすいのが週記といえるでしょう。

記事の良し悪しも重要ですが、その書いた人の性格や人柄、人間味が見えてくるとブログの魅力が増すと思います。それはリピーターを増やすキッカケになるかもしれません。

日記でも月記でもなく週記が良い理由

日記、週記、月記を並行していて書いていた時期があったのですが、日記だとネタがない日があります。

ないものを無理やりひねり出す作業というのは非常に大変で非効率的です。ない時はないで仕方ないのですし、毎日1個ネタをひねり出す事が目的ではありません。

また日記だとブログの日々の更新が日記ばかりになってしまいます。小ネタと備忘録の為の記事が続くのは、読み手からすると退屈に感じてしまうかもしれません。

月記ですと、月の頭にあった事も月末に更新されるわけですから、ネタの鮮度が落ちてしまいます。小ネタといえど、ネタはネタ。誰かにとって有益な情報となりえるかもしれません。ネタは鮮度が命ですから。

日記と月記の中間の週記であれば、ブログが小ネタと備忘録で埋まってしまう心配も、ネタの鮮度が極端に落ちる心配もありません。

ほどよいバランスが週記だと思います。

まとめ

  • 気がつくと多くのブロガーの週記を楽しみしている自分がいました。
  • 週記の良さと楽しさを体現して背中を押してくれたかん吉さん(@kankichi)に感謝です。
Tags:
2013年3月25日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数