はてなブックマーク - 文体とか主語とか一切気にするのやめたらブログ書くのがすごく捗るようになったよ
Pocket

Writing
Writing / tonyhall

一時期すごく悩んでいたんです。

このブログは「です・ます調」か「だ・である調」どちらに統一して書くか?

そして主語は「私」か「俺」か「僕」か、どれに統一すべきか?って。

スポンサードリンク

統一するのが一番だけど

やっぱり統一するのが一番良いみたいですよ。でも私はその書くネタの種類や、その時の気持ちで文体や主語がコロコロ変わります。

で、後で気がついて、修正する、、、。この修正作業が面倒。途中で気づいた時もなんとなく気持ちがゲンナリ。あ〜やっぱりこっちに統一すべきだったのかなあと後悔してみたり、、、。

そんな事を繰り返していくと、肝心の中身がだんだん書けなくなってきたりします。

うーん、これは本末転倒です。

自分の思い込みを捨てる

これは統一したほうが「いいですよ」レベルの話で、絶対統一しないと駄目、統一しないとアクセス伸びないよ、読み手に嫌われるよ。というレベルの事ではないんですよね。

でもいつのまにか「統一しないといけない」という思い込みというんでしょうか、自分で作り上げた固定観念に縛られて、身動きが取れなくなってしまう。

ブログを書く上での、ほんの些細な話なんですが、私は基本的な考え方が、こんな感じで「硬い」んですよね。

自分で作ったルールに縛られて苦悩するみたいな。

人生全体においてもその傾向が強いので、いろんな所で自分の中の縛りを解きほぐしている所。

ブログももっと自由でいいんじゃないかって開き直るようにしています。

でブログの文体や主語については一切に気にしない、どうでもいい。これは私らしさだと開き直ることって決めた途端に、書くことが捗り始めました。

誰に命令されてやってるわけじゃない。

ブログを雑誌だと例えたら、私はライターであると同時に編集長でもあるんです。

自分を縛るんじゃなくて、自分を解放してやる。

読み手に分かりやすく、変な癖を消すように努力するんじゃなくて、むしろその癖のある文章をドンドン書く。

この方がブログが楽しい。

パーソナルなブログに関してはこんな感じでいいんじゃないでしょうか。

2013年11月18日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数