はてなブックマーク - ブログ(サイト)を分散化する事のメリット・デメリット
Pocket

自分の発信するものを1つのブログに集中させるか、テーマに沿って分散化して複数のブログを運営させるか。ブロガーなら一度は必ず悩む所ではないでしょうか。

私は複数のブログを運営しています。この「サムリのブログ」の他に、更新が止まって放置しているものも含めると6〜7個あるんじゃないでしょうか。(って完全に把握しきれていませんww)

スポンサードリンク


ブログを分散化させる事のデメリット

まずはブログを分散化させる事で発生するデメリットについて解説します。そう分散化は良いことばかりではありません。

書き手のパーソナルな部分が伝わりにくい

まずブログを書く目的が、自分という人間、または自分の行っている活動を多くの人に知ってもらう事の場合、ブログを分散化させてしまうと、書き手の顔、人間性、といったパーソナルな部分が伝わりにくくなるという欠点があります。

1つのブログだけに集中させていれば、「このブログに書いてあることが私の全てです。」と言い切れるし、読み手も簡単に読むことができます。しかし複数のブログの場合、そのページ数の合計が、単一で運営しているブログと同じであったとしても、読み手としては印象はだいぶ異なります。

登録するフィードが増えますし、全部を網羅するのが面倒に感じるはずです。

管理と運営が大変

ブログの数が増えれば増えるほど、管理と運営に手間がかかります。

複数のドメイン、ブログの管理画面、アクセス解析の分析、アフィリエイト広告の設置や差し替え作業となかなか大変です。1つのブログに集中していれば、管理と運営はとても楽なものになります。

コストがかかる

複数のドメインを取得する事になれば、その分コストが増えていきます。有料のブログテンプレートを購入する際も、ドメインごとに費用がかかるでしょう。

それぞれのブログでマメな更新が難しい

アクセスアップ、リピーターアップの基本はやはり、更新頻度の高さでしょう。特に開設して間もない頃は、月に1回しか更新しないブログより、毎日更新しているブログの方が、アクセスは右肩上がりになるはずです。

しかし複数のブログを更新していると、それぞれで毎日更新するというのは非常に難しい物があるでしょう。

一個人としては毎日1記事書いて更新しているとしても、それぞれのブログに分散されてしまうと、更新頻度が高いとは見てもらえません。なにせ読み手は全てのブログを網羅している可能性は低いのですから。

となると、同じジャンルで毎日更新しているライバルサイトがあるとしたら、それに打ち勝つのは難しくなるでしょう。

ブログを分散化させる事のメリット

収益を上げやすい

私の経験上、テーマを絞ったブログの方が、なんでもありのノンジャンルの雑多なブログより、CPC(クリック単価)が高い傾向にあります。

正確にいうと、テーマを絞るとCPC(クリック単価)が高くなるのではなく、テーマを絞る事で、CPC(クリック単価)の高いテーマとジャンルを見つけられるという意味になります。ノンジャンルの雑多なブログの場合、様々なクリック単価の広告が混在するため、平均値としてCPC(クリック単価)が低くなるという事でもあります。

というのも、テーマによってはCPC(クリック単価)が低い場合があります。私が運営しているブログでは、料理関係のブログがそうですね。クリック率も単価もあまり良くありません。

推測ですが、読み手が求めているのは、これから(もしくは今から)作る料理のレシピやコツを知りたいのであって、読み終わってから、広告をクリックするという流れは存在せず、読み手のアクションは、台所で調理をはじめるという流れになっているのではないかと考えています。

また、テーマやジャンルのマッチングしたアフィリエイト広告を見つけることができれば、全ページに設置する事ができるので、収益を上げやすいですね。また逆にアフィリエイト広告ありきで、テーマやジャンルを絞って、収益を第一に考えたブログ作りというのも可能になります。

SEOに強い

テーマやジャンルが絞られていれば、キーワードを絞る事も容易です。あれもこれもと関連性の低いキーワードを並べてSEOを狙っても上手くいきません。

雑多なジャンルよりも、SEOを狙いやすく、成功しやすいと考えていいでしょう。まあ強豪ひしめくテーマやジャンル、キーワードでは必ずしも成功するとは限りません。あくまで雑多なノンジャンルのブログよりは、マシという話です。

突然のトラブルのリスクヘッジになる

突然、ブログの調子が悪くなり、ブログが閲覧できない。ブログの管理画面にアクセス出来ない。または検索エンジンのアルゴリズムが大幅に変更され、検索エンジンからの流入が激減してアクセス激減という事態。

複数運営していれば、突然のトラブルのリスクヘッジになります。

気が気でない事に変わりはありませんが、単一のブログしか運営していない人とは雲泥の差です。複数のブログであれば、全てが同じトラブルに巻き込まれる確率は低くなります。

運営方法にもよりますが、検索エンジンのアルゴリズムの変動の場合、アクセスが下がるサイトもあれば、逆に上がるサイトも出てきます。

実際に私は去年のペンギンアップデートで、激減したブログがありましたが、まったく無風のブログ、逆にアクセスが伸びたブログのおかげで、ネットからの収益ゼロとい事態を免れました。(ちなみに激減したブログは修正を行い、今は戻りつつあります。)

まとめ

線引きする事がおかしいかもしれませんが、単一ブログ=ブロガー、複数ブログ=アフィリエイターという傾向があるように私は思います。

私はもともとブロガーではなくアフィリエイトありきで始めた人間なので、複数ブログという形になっていったのかもしれません。

2015年3月3日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数