はてなブックマーク - 三日坊主から脱却する方法 – 失敗から成功の糸口を導き出す –
Pocket

【 ブログ 】どうしても三日坊主になってしまう私の5つの理由 – 失敗の原因を分析する – – サムリのブログ

今まで私が三日坊主になってしまった、失敗してしまった原因を冷静に見つめ分析してみたいと思う。

自分が今まで失敗してきた原因を洗い出してみたわけだが、そこから「どうすれば三日坊主から脱却できるか」、どうすれば日々努力を積み重ねられる人間になれるかを考えてみたいと思う。

失敗の逆(反対)を考えてみると、意外とシンプルに答えが見えてくる。

1つの事だけをはじめる

あれこれ沢山の事を一度にはじめない。身体を鍛えようと思って、ジョギングや筋トレを同時に開始しても絶対に上手くいかない。

例えば、腹筋運動、たった一つだけを始める。ジョギングや、腕立て伏せなどの運動は、腹筋運動が完全に習慣化できてから。

1つに絞る事で毎日の負担が軽くなり、続けやすい、忘れにくい。

びっくりするほどの短時間を設定する

自分がかつて挫折した事は、どれくらい時間がかかる内容だっただろうか。

勉強を1日1時間毎日行う。これに挫折したのなら、1日30分に。それでも駄目なら1日15分に。びっくりするほどの短時間を設定、または短時間でこなせる量に減らす。

腹筋運動なら30回を20回、15回に減らす。そしてそれを毎日続ける。余裕でさらりと出来るぐらいの時間と量なら、続けやすい。

先にとっととやってしまう

仕事が忙しいとか、他の事で手一杯だから出来ないというのなら、他のことが始まる前に、一日の早い時間帯にやってしまう。

ずるずると後回しにするのではなく、優先する。短い時間でこなせるたった一つの事なら出来る。

自分の記憶に頼らない

自分の記憶だけに頼るから、忘れてしまう。忘れないようにするのではなく、忘れてもすぐに思い出せるようにしておくのが良い。

一番シンプルなのは、やるべき事を紙に書いて、目立つ所に貼っておく。

自分の感情に頼らない

はじめたばかりの時は誰でも気合が入っている。ヤル気があるし、気持ちも盛り上がっている。しかし感情は絶対に波がある。盛り上がる時があれば、必ず下がる時がある。ヤル気が出なくなったり、落ち込んだり、飽きたりする。

自分の感情に後押しされる事なく、冷静に淡々と処理してしまうのがいい。

【 iPhone 】日々の体重測定の習慣化を後押ししてくれるアプリ「シンプル・ダイエット」は使える – サムリのブログ

アプリを立ち上げて出るのが上記の体重を打ち込むためだけのインターフェース。とにかくシンプル。Twitterアプリを立ち上げて体重を打ち込むよりも、簡単にアウトプットができる。

私の場合、こういったアプリを活用する事で、自分の記憶と感情に左右されずに、継続させる方法を取っている。

短期的な結果(成果)を求めない

ほんの数日腹筋をしたところで、腹筋が6つに割れることは絶対にない。しかし人はそこまでいかなくても、ある程度の所で、なんらかの結果を求めてしまう。

結果を求める。しかし結果は簡単には出ない。だから続ける意欲が衰退していく。

それなら先の事は一切考えない。短期の結果は意識しない。今日1日こなす事、こなす量だけを考える。一番必要な成果は「脱三日坊主」であるという事。

まとめ

  • なにより私が三日坊主の常連で、脱却をはかるための一歩を踏み出したばかり。自分なりに導き出した答えに従って、積み重ねるのみ。
  • 人生に遅いということはない。37歳にして脱三日坊主に向けて前進。
2011年9月12日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数