はてなブックマーク - 加湿器終了のお知らせ、濡れタオルを部屋にかけておけば問題無しという話
Pocket

毎年仕事部屋で使っていた簡易加湿器が壊れた。新しいのを買うのも面倒だったので、なにか良い方法がないかと調べたら「濡れタオル」という方法があったので、実践してみた。

スポンサードリンク

濡れタオルで加湿する方法

タオルを水に濡らして、滴り落ちないように絞り、ハンガーなどで部屋の中で干しておくだけという実に簡単なもの。部屋の大きさ、そしてタオルの大きさと数によって効果は変わる。

私の場合、四畳半の仕事部屋でガスファンヒーターを使用している。加湿しない状態で湿度を計測したら30%。濡れタオルを使用して約1時間で適湿の最低ラインといわれる40%台に突入した。

体感的で具体性に欠ける意見になるが、喉の状態などを考えると加湿器をつけていた時とほとんど変わらないのではないかと思う。

濡れタオルの良い点

  • 電気代が一切かからない(0円)
  • 手入れの必要がない(終われば洗濯すればよいだけ)
  • 窓ガラスに結露が出来るほど過剰な加湿にならない

濡れタオルの欠点

  • 即効性に欠ける(結構時間が掛かる)
  • ウイルスの増殖を防ぐと言われている50〜60%の高い湿度にまでは上がらない

加湿器終了というのは少しオーバーだったかもしれない。やはり加湿器の方が優れている点はある。

しかしこの濡れタオルの欠点は、サーキュレーターを使用したり、なるべく人の側にかける、または複数のタオルをかけるなどする事で、かなりカバーできる。

即効性が欲しい場合は、最初にかなりきつく絞ったタオルを部屋の真ん中でぶんぶん振り回せば、湿気が部屋に行き渡る。

まとめ

  • 喉の違和感を考えれば、私個人としては濡れタオルでまったく問題ない
  • 知恵を使えば、電気を使わずとも快適な湿度は作れる
Tags:
2012年2月1日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数