はてなブックマーク - MOVIE大戦史上最高傑作「フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」特盛アクションで年末年始は盛り上がれ!
Pocket

長男と奥さんと私、三人で観てきた。(ネタバレありなので注意)

スポンサードリンク

とにかくアクションが熱い!

電王のモモタロスばりに、最初から最後までクライマックスだぜ!と言いたくなるほど、息をつかせぬアクションの連続で大興奮の内容。今までの作品もそうだが、今回もきっちり長男以上に私が楽しめる内容だった。

変身前の役者さんのアクションが熱い!

仮面ライダーに変身する前の役者さん、特に火野映司とアンクの二人のアクションが熱かった。途中プロのスタントマンと入れ替わっていると思われるシーンもあったが、思った以上に役者本人が頑張っていて、見応えがあった。

ワイヤーアクションが熱い!

そして全ての章でワイヤーアクションが熱かった。ワイヤーアクションと爆破や衝撃のCGが組み合わさる事でリズム感のあるアクションになっていて、非常に面白かった。

バイクアクションが熱い!

今回特に良かったのがバイクでのアクションシーン。久しぶりに爆発から飛び出すライダーバイクを見ることが出来て、これぞ仮面ライダー!と感動しまくり。昭和ライダーの魂がシナリオだけでなくアクションにも引き継がれた気がした。

水上バイクを操る仮面ライダーアクアのアクションも見応えがあった。(世界観的に水上バイクの突撃だけでポセイドンを倒せてしまっていいのか?という疑問があったが、そこはCGに頼らない本物のアクションに免じて見逃してやろうと思うw)

フォームチェンジアクションが熱すぎてお腹いっぱい

チョイ役かと思われたダブルが、非常に重要な役回りで、アクションでも大活躍していた。

  • ジョーカー
  • サイクロンジョーカー
  • ヒートメタル
  • ルナトリガー
  • サイクロンジョーカーエクストリーム

以上のフォームチェンジをきっちり披露して戦ってくれた。オーズもブラカワニ以外の全コンボ&スキャニングチャージ技を披露。フォーゼもエレキステイツ、ファイヤーステイツ、他全モジュールの機能を披露。

こんな盛りだくさんでいいの?と言いたくなるほど出し惜しみ一切なしで、最高の爽快感だった。長男もだが映画館の子供たちはほとんど、主題歌をバックに連続フォームチェンジのアクションシーンで、かなり大きな声を上げて盛り上がっていた。

シナリオがしっかりしていた

MOVIE大戦は2つの仮面ライダーを無理やり共演させるので、そのシナリオは基本支離滅裂。クライマックスで二人のライダーが共演する理由も時間軸も完全無視の、強引極まりないものが多かった。

しかし今回は、すでに敵の存在しないオーズとまだまだTVシリーズ進行中のフォーゼのシナリオを破壊しないように、仮面ライダーW(ダブル)の敵、財団Xを黒幕にして、上手に3つの作品を一つの世界観につなぎ合わせることに成功している。

オーズの鴻上ファウンデーション、フォーゼのホロスコープス、そしてダブルの財団Xが、資金と技術援助の関係にあったという設定はなかなか良かったと思う。特にホロスコープスと財団Xがお互いの力を牽制し合うシーンにはニヤリとしてしまった。

疑問や不満を吹き飛ばす勢い

見る前はポセイドンのデザインや、なでしこのネーミングが気に入らないとか、アクアの必然性がよく分からないとか、スーパータトバコンボの色のセンスが理解出来ないとかあったし、観た後もアンク復活や40年後云々の部分にちょっと釈然としないものが残りはしたが、そんな小さい事を吹き飛ばしてしまう勢いがあった。

MOVIE大戦史上最高傑作と言っていいと思う。

これはDVDが出たら、もう一度、いや二度三度繰り返し観たい、激熱な作品だ。

入場者プレゼントのガンバライドカードも、しっかりゲット。

まとめ

  • 長男はロケットステイツに大興奮だった。
  • この流れで来年はゴーカイジャー&ギャバンで決まりだ!
  • 何?スーパー戦隊VS仮面ライダー?
  • フォーゼの淡い恋物語にも胸熱だww
Tags: ,
2011年12月30日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

映画・TV・DVD の最新記事