はてなブックマーク - アメコミ映画の夢の祭典「アベンジャーズ」を10倍楽しむ為に必ず観ておくべき5作品!!
Pocket

いよいよ8月17日(金)から、アメコミ映画の夢の祭典「アベンジャーズ」が公開されます。

アメコミ映画が大好きな私は、何年も前からこの企画が実現される事を楽しみにしていました。しかしあまりアメコミ映画に馴染みのない方は、このアベンジャーズに関してはアメコミ映画そしてアメコミ(アメリカンコミック)そのもの独特の世界観を理解していないと、イマイチ楽しめないのではないかと思います。

そこで映画「アベンジャーズ」を10倍楽しむ為に事前に観ておきたいDVDを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

アメリカの漫画のヒーローは同じ世界に共存している

まず知っておいてほしいのは、アメリカの漫画のヒーローは、ほぼ同じ世界に共存している設定になっています。そしてそれぞれの作品に別のヒーローがゲスト出演する事が日常茶飯事で行われています。

例えばスパイダーマンにXメンが、Xメンにゴーストライダーが、アイアンマンにスパイダーマンが、連載の中で普通に登場するのです。

日本でいえば、ワンピースにトリコやナルトがゲスト出演する感じでしょうか?

しかし、上記のアメコミ漫画にスーパーマンやバットマンがゲスト出演する事は(ほぼ)ありえません。それは出版社が異なるからです。

今回のアベンジャースに登場するキャプテンアメリカ、マイティー・ソー、アイアンマン、ハルク、そしてスパイダーマンにXメン。彼らはマーベル・コミックという出版社の作品。

そしてスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、グリーン・ランタン、ザ・フラッシュなどのヒーローはDCコミックという出版社の作品になります。

共存するのは出版社の中だけに限られます。(特別な作品としてマーベルコミックとDCコミックが対決した夢のコミックも例外として存在します)

よってスーパーマンとバットマンなどのDCコミック同士であれば、共演しています。

ちなみに今回の「アベンジャーズ」とはマーベルコミックのヒーロー達がチームを組む作品ですが、DCコミックも同様にスーパーマンやバットマンなどが結集してチームを組んだ「ジャスティーリーグ」という作品があります。(映画化はされていません)

予習として5本のDVDを観ておかないと話しについていけない?

アベンジャーズを製作するにあたり、マーベルコミックは壮大な計画を打ち出していました。

それは事前に「ハルク(インクレディブル・ハルク)」「アイアンマン」「アイアンマン2」「マイティー・ソー」「キャプテンアメリカ ザ・ファーストアベンジャー」という個々の作品を製作し、それぞれのラストで、別の作品のキャラクターなどをカメオ出演させて「アベンジャーズ」という集大成作品への伏線を貼り続けたのです。

この5作品を既に観ているという前提で、細かい設定の紹介などが「アベンジャーズ」では端折られる可能性もありますし、観ていればこそ楽しめる憎い演出も十分に考えられますので、アベンジャーズを観る前にDVDで観ておくことを強くおすすめします。

インクレディブル・ハルク

科学者ブルース・バナーは放射線実験で大量のガンマ線を浴び、
以来、怒りを感じるとアドレナリンの分泌とともに巨大な緑色のモンスター“ハルク”に変身する特殊体質となってしまう。
自らの治療薬開発に取り組みながら潜伏生活を送るブルースだったが、彼の血清を軍事実験に利用しようとするロス将軍は恐るべき手段を使い、ブルースを追いつめていく・・・。

アベンジャーズプロジェクト第一弾。唯一残念なのはインクレディブル・ハルクで主演したエドワード・ノートンがアベンジャーズでは出演せず、他の役者さんがハルク役をやっているんですよね。

アイアンマン

自社兵器のデモ実験に参加したトニー・スタークはテロ組織に拉致され兵器の開発を強要されてしまう。
だが、天才発明家でもある彼は、敵の目を盗み、戦闘用パワードスーツを作り出し脱出に成功。
その後、自社兵器がテロ組織に悪用されていたことを知り愕然としたトニーは、最先端の技術を駆使し、
圧倒的な破壊力を持つ新たなパワードスーツを開発。
テロを撲滅するため“アイアンマン”となり、命をかけて戦うことを決意する!

自らアイアンマンであることを告白した大企業スターク・インダストリーのCEO、トニースターク。そんな彼に新たな危機が迫っていた。米国政府がパワードスーツの没収を命令。彼に恨みを抱く謎の男“ウィップラッシュ”の登場。さらに、胸に埋め込んだエネルギー源“リアクター”の影響でトニーの体は蝕まれていき…

戦う実業家。戦うセレブリティ。トニー・スターク。基本正体を明かさないのがアメコミヒーローの大原則ですが、「1」のラストで呆気無く正体を自ら暴露する、型破りなヒーロー。

マイティー・ソー

神の国<アスガルド>で無敵の強さを誇る戦士ソー。だがあまりの傲慢さゆえに神々の王である父の怒りに触れ、最強の武器“ムジョルニア”と全ての力を奪われて人間界へ追放されてしまう。その人間界では、突然空から落ちてきたソーに天文学者のジェーンは振り回されっ放し。一方ソーは人の弱さや痛みに触れ、徐々に真の強さを学んでゆく。だがその頃、邪神ロキの陰謀で神の国は危機に瀕していた!さらに恐るべき敵がソーに迫る!ソーは地球と神の国を守れるのか!?

アベンジャーズの敵は、このソーの義弟「ロキ」なので、この作品は必ず押さえておきたいですね。

脇役に浅野忠信が出演しているのも目玉の一つ。日本ではイマイチ知名度の低いヒーローですが、アベンジャーズの他のメンバーが普通の人間から超人的な力を手に入れているのとは違い、人間ではなく神様という設定なのがこのマイティー・ソー。

神様と人間がチームを組むなんて、面白いものです。

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

1942年。兵士として不適格とされた貧弱な青年、スティーブ・ロジャースは、軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」により<キャプテン・アメリカ>として生まれ変わる。
身体能力を極限まで高めた強靭な肉体を手にし、同時に正義感に溢れる彼の魂も、極限まで高められる。戦う敵は世界征服を目論むレッド・スカル率いるナチス・ドイツのヒドラ党。捕らえられた仲間や親友を救うため、キャプテン・アメリカは特殊装備に身を包んで敵地に向かった!

スーパーソルジャー計画にアイアンマンのトニー・スタークのお父さんが参画しています。この作品に登場した「コズミックキューブ」という謎の物体がアベンジャーズにも登場するので、やっぱり観ておいたほうがいいですね。

Tags: , , , ,
2012年4月23日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

映画・TV・DVD の最新記事