はてなブックマーク - ギャバンはやっぱり心のオヤジだ!熱い拳に魂震えた!「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」
Pocket

宇宙刑事魂

長男と二人で行こうと思ったいたんですが、以外にも次男がゴーバスターズに出演したギャバンを観てドハマリ。

「じょうたく!じょうたく!(蒸着の意)」と連呼している次男を置いていくのも可哀想という事で結局奥さんもいれて家族全員で観てきました。

スポンサードリンク

やっぱりギャバンは心の親父だった!

http://www.gavan.jp

私がギャバンで泣いた本当の理由「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」 | サムリのブログ

映画で久しぶりに観た大葉健二さんは57歳。しかしその年令を感じさせないギャバン変身前の生身でのアクションのキレには本当にしびれた。

その心の親父が、マーベラスに言うのだ。「大きくなったなあ」と。

そうだ。完全に自分がギャバンに言われている感覚に陥ったのだ。たった一言のセリフだが、理想の父親に自分が認められたような錯覚がそこにはあった。

だから私は涙したのだ。

そう、私は映画「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」のギャバン=一条寺烈=大葉健二の熱い姿に涙しました。ギャバンに理想の父親像を求めていた自分に気付かされたのです。

その心の親父が見事に帰ってきたのです。

ちょっとお父さん世代を意識し過ぎてストーリー重視で、子どもたちは飽きる時間帯も多く、いろいろツッコミ所というか、ファンであるが故に厳しい意見もいくつか(二代目ギャバンに対して特にwww)あるのですが、それは完全に置いておきますw

私は今回は泣きませんでした。しかし心は熱く震えました。

前回のゴーカイジャーに出演したギャバンは「大きくなったなあ」と肩を叩き、優しく認めてくれましたが、今回は違います。

厳しいオヤジの鉄拳が二代目ギャバンの頬を熱く打つのです。(拳だけではありません、容赦ない蹴りも炸裂していましたw)

「男して失格だ!」

「ためらうな!振り向くな!」

「その悔しさがあるなら、まだ戦える!」

熱いオヤジのお説教と、愛の拳が二代目ギャバンに覚悟させるのです。

ためらってはいけない。過去をウジウジ振り向くな。家族のため、自分のため、前進しろ!なんだか、私も心のオヤジにガツンとお説教されたような気がしました。

愛の拳と暴力の違い

でもこうやってガツンと目を覚めさせてくれる所謂愛のムチって、殴られる側の立場は分かるんですけど、殴る側になって考えてみると結構難しいなと思ったりもしました。

なにせ私も今や父親。

基本体罰は嫌いで、やるとしてもお尻をペシン!と叩く程度。頭にゲンコツ、頬に平手、なんて一度も子供たちにした事はありませんし、今後もするつもりもありません。

でも子供たちがもっと大きくなった時、父と子という関係よりも男と男、社会人の先輩と後輩という立ち位置が見え隠れしだした時、初代ギャバンのように、ガツンとやる日が来るのかな?そんな時、私は本当に殴るのかな?殴れるのかな?どうするのかな?

答えは出ませんでしたが、少しそんな事も考えさせられました。

殴る殴らないは別としても、やはり同性。大きくなったらぶつかり合う事は確実にあるだろうと思います。その時にちゃんと正面から子供たちと向き合えるか?そこが一番のポイントかもしれませんね。

やっぱりファンゆえに言いたい

結局、私が熱くなったのは、やっぱり大葉健二さんなんですよ。

だからもっと初代と二代目の師弟関係みたい所にもっとスポットと当てて欲しかったなと思いました。(メタルギアソリッドでいう所のソリッドと雷電のような)

そしてシャリバンとシャイダーが友情出演したのは嬉しいのですが、如何せんチョイ役すぎる。もっとストーリーにグイグイ絡んでほしかったですね。

2012年11月6日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

映画・TV・DVD の最新記事