はてなブックマーク - 隆慶一郎ファン必見!私が注目する年末年始の特番は新春ワイド時代劇「影武者徳川家康」
Pocket

2013122801

何度繰り返し読み返したか分からない隆慶一郎先生の「影武者徳川家康」が年始の新春ワイド時代劇としてドラマ化される。隆慶一郎先生ファンとしてこれは観ないわけにはいかない。

新春ワイド時代劇「影武者 徳川家康」:テレビ東京

スポンサードリンク


隆慶一郎先生とは?

北斗の拳の原哲夫先生が描いた時代劇漫画「花の慶次」が有名だと思う。前田慶次郎という実在する武将の波瀾万丈の時代活劇である。傾奇者という言葉を有名にした事でも知られている。

この「花の慶次」の原作「一夢庵風流記」を書いたのが、この隆慶一郎先生。そして意外と知られていないが、この「影武者徳川家康」も「花の慶次」の連載終了後、原哲夫先生によって漫画家されている。

少年誌で連載されていた為か、途中で打ち切りとなり終了してしまった。その後「影武者徳川家康」の中に登場する島左近を主人公にして「影武者徳川家康」をリブートさせたのが「SAKON(左近) -戦国風雲録-」

正直原作では島左近は脇役も脇役で、後半に至ってはほとんど登場しないので、結果的に漫画の方は原作から完全に逸脱して、フィクションのチャンバラ物と化してしまい、原哲夫先生のファンとしては問題はないのだが、隆慶一郎先生のファンとしては納得の行かない方向に行ってしまっている。

話を隆慶一郎先生に戻す。

先生の作品には「影武者徳川家康」の外伝というか、時期を同じく生きた徳川家康の息子「松平忠輝」を主人公にした「捨て童子・松平忠輝」や「鬼麿斬人剣」「吉原御免状」などがある。

作品に共通しているのは、自由を愛し、身分の上下を認めず、野垂れ死にを覚悟し、最後まで自らの意思で生き抜く熱い男たちの物語であるという事だ。

どの作品も読み終えた時に清々しい気持ちになる。こんな友人が欲しい、こんな人間になりたい、こんな生き様をしたい。そんな風に思わせるのだ。

影武者徳川家康をそこらのifものと一緒にしてはいけない

影武者徳川家康は、関ヶ原の合戦時に家康は暗殺され、家康の影武者が生き残り、やむなく本物の家康になりすます事になるという物語。

これだけを読むと、例えば本能寺の変でもしも信長が生きていたら?とか最近ドラマにもなった、もしも信長が女だったら?みたいな、荒唐無稽で歴史を改変するようなとんでもないifものと思ってしまうかもしれない。

しかしそこは勘違いしないで欲しい。

この作品は「もしも家康が関ヶ原の合戦で死んでいたら?」という「もしも」で進められているのではない。フィクションではなく、歴史的事実として、実は本当に徳川家康は関ヶ原の合戦で死んでいるのではないか?という仮説を元に、歴史を再構築しているのだ。

なぜか?

隆慶一郎先生は徳川家康に関する文献を調べるうちに、様々な所に違和感を感じたという。文献には必ず何かしらの意図がある。時の権力者のものであればなおさらの事。都合の悪い事は隠したり、ごまかしたりして、絶対的な事実のみを書き記している可能性は、むしろ少ない。

しかしどうしてもごまかしのきかない部分もあるし、ごまかす事で逆に違和感を大きくさせてしまう事もある。

調べていくうちに、徳川家康という人間が関ヶ原の前と後とで、行動に不自然な点が多く出てきている事に気づく。

それまで自分の息子達に愛情を注ぐ事のなかった男が、関ヶ原以降に生まれた子に対して溺愛に近い愛情の注ぎ方をするようになる。女性の好みも変わる。熟女を好む傾向にあったのが、とたんに若い女を好むようになる。

征夷大将軍の地位につきたくて自ら朝廷に対して工作してきたにも関わらず、いざ朝廷から任命されそうになると、なんやかんやと言い訳を作って征夷大将軍の地位につく事を渋り3年近く先延ばしている。この理由がさっぱり理解できない。

そしてさらに関ヶ原の合戦が開始される直前に、家康は部下を叩き斬っている。これから命運を分ける合戦だというのに、なぜ部下を斬ったのか?まったく理由が分からない。

これは本物の家康が殺され、その暗殺者を影武者が叩き斬ったという事なのではないだろうか?

関ヶ原の合戦以後の家康が影武者がなりすました者だとしたら、むしろ様々な違和感のまとわり付く歴史的事実に理由がつく、合点がいく。

そう影武者徳川家康は歴史的事実への挑戦状なのだ。

そんじょそこらの歴史をバカにしたようなifものと一緒にしていただきたくない。

さてドラマの方は

個人的には5時間では時間が足りないと思う。かなり駆け足になるのではないかと推測される。新春ワイド時代劇は2000年までは12時間ぶっ通しでやっていたが、それぐらいのボリュームは正直欲しいが仕方ない。

どんな仕上がりになっているかは見てからのお楽しみという事で、お酒を飲みながらじっくりと鑑賞しようと思う。

2013年12月28日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

映画・TV・DVD の最新記事