はてなブックマーク - ルパン三世スピンオフ第二弾「LUPIN THE Ⅲrd 次元大介の墓標」
Pocket

2014042101

LUPIN the Third 峰不二子という女」に続くスピンオフ作品として「次元大介の墓標」が映画上映される。

スポンサードリンク

「次元大介の墓標」特報動画

LUPIN the Third 峰不二子という女」でキャラクターデザインと作画監督を担当した小池健が、今回監督を担当。(ちなみに「峰不二子という女」の監督は山本沙代)

監督は異なるが、方向性は「峰不二子という女」と同じと考えていいだろう。

Bk0r6omCcAACcoW

次元、相変わらずカッコいい。

Bk0sNLUCMAAugIh

眼帯をつけているルパン三世。こちらも渋くてカッコいい。

「峰不二子という女」の中でもルパン三世が次元とはじめて出会い、腐れ縁で相棒となっていく部分は描かれているが、今作もその相棒になるまでの部分が中心となっているようだ。

なのでおそらくだが、今回は石川五右衛門は登場しないのではないかと思われる。

次元をストーリーの中心に置く事で「峰不二子という女」以上にハードボイルドな内容になることが予想され、とても期待してしまう。

ルパン三世の屋台骨を支えているのは次元大介だと私は思っている。

次元の孤高さがなんともいえず堪らない。石川五右衛門も孤高の存在という点において、次元大介と共通するものがあるが、次元大介にはどこか哀愁が漂っている。女嫌いというキャラクター設定も実は、一途な思い故だったりして、沈黙の中にストーリーが存在する味のあるキャラクターだ。(峰不二子という女、第二話「.357マグナム」より)

その次元が今作でどんな活躍をし、ルパン三世との絆を深めるのか?楽しみで仕方ない。

しかし、単館上映で、たった1週間という短い上映期間が非常に気になる。というか行ける保証が全然ないわww

個人的にはDVDレンタル待ちという事になりそう。

2014年4月21日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

映画・TV・DVD の最新記事