はてなブックマーク - 切なくて悔しくて私は泣いた「チョコレートドーナツ」
Pocket

チョコレートドーナツ

チョコレートドーナツを観て呼び起こされた記憶達 | サムリのブログ

本当にいろんな事を思い出した。

自分の思い出話だけを書いて終わってしまったので、ちゃんと作品について書いてみたいと思う。

スポンサードリンク

あらすじ

イントロダクション|映画『チョコレートドーナツ』 オフィシャルサイト

1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。

予告編

マルコ役のアイザック・レイヴァは本当にダウン症の青年。

ルディ役のアラン・カミングはバイセクシュアルである事を公言し、同性愛者の人権に強い関心を持ち、さまざまな市民活動に参加しており、最近、「セカンド・カミング」というオリジナルの香水を発売し、売り上げのすべてを国際ゲイ&レスビアン人権委員会、LGBTストップ・フリー・プロジェクトに寄付している。

この作品も事実を元に作られている。

様々なリアリティが、この作品の背骨となっている。

だからだろうか、作品自体は1時間30分と非常に短い。時間だけで考えるとちょっと物足りなさを感じてしまいそうな短さだが、実際には短さを感じさせない重厚な説得力が詰まった作品だった。

その1つがルディを演じる、アラン・カミングの歌。

劇中で3曲が披露されているが、どれも魂のこもった、人の心を揺さぶる名曲だ。

特にラストの「I Shall Be Released」は素晴らしい。見終えた今、この曲を聞くだけで、また泣けてくる。

純粋に子供を愛する母性(父性ではなくあえて母性と言おう)に満ちたルディの心、そして張り裂けそうになる結末、切なくて、悔しくて、泣けてくる。

私はゲイでもないし、障害も持っていない。

でも、ふとした瞬間に疎外感を感じる事がある。

その疎外感の中に、自分がマイノリティであるという思いが隠れている事を自覚する。

と同時に、マジョリティとして力を振りかざす自分もいる。

ルディとマルコを引き離した連中と同じ闇も自分の中に同居している。

それが腹立たしくて、悲しくて、悔しくて、涙が止まらない。

2015年3月13日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

映画・TV・DVD の最新記事