はてなブックマーク - 娘の本棚に潜む幽霊の正体のカラクリについて【インターステラーネタバレ話】
Pocket

映画インターステラー公式サイト

なぜ娘の部屋の本棚とブラックホール内部の時空のねじれが、五次元で繋がったのか?

スポンサードリンク

マン博士のセリフから

君には家族がいる
私にはいないが人のために生きたいと心の底から思ってる

そういう感情は土台なんだよ
人間らしさを支えてるんだ

なぜロボットに任せないか分かるか?

機械に死の恐怖はプログラムできない

人間の生存本能はインスピレーションの源だ
たとえば父親だ
子供を愛する父親の生存本能

父親は死ぬ間際に何を思い浮かべると思う?

子供だよ
子供の顔だ

死の瞬間”生きたい”と心が震える
子供のために

本能が我々を突き動かし
我々を救うのだ

クーパーはブラックホールに飲み込まれ、死を覚悟した瞬間、まさに娘の顔を思い浮かべた。

アメリアのセリフから

聞いて
だって愛は人間が発明したものじゃない
愛は観察可能な”力”よ
何か意味がある

愛には特別な意味がある
私たちは理解してないだけ
これは手がかりなのかも

私たちには感知できない高次元につながる

10年も会っていない人に
銀河を超え 引き寄せられてる

おそらく もう死んでいる人に

愛は私たちにも感知できる

時間も空間も超えるの

愛が未知の力でも信じていいと思う

クーパーと娘を時間も空間も超えて結びつけたものの正体は「愛」

「愛」の力によって、娘の部屋の本棚と繋がったという事になります。

という事は五次元そのものも、愛の力によって生まれるという事になるのかもしれません。

世間一般的には難易度の高いSFテーマを扱いつつ、親子愛も扱おうなんて、若干詰め込みすぎじゃないかって思っていたんですが、違っていましたね。愛こそがこの作品の最大のSFテーマだったわけです。

2015年5月15日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

映画・TV・DVD の最新記事