はてなブックマーク - YouTubeで用意されている編集機能「音声」の音楽を使用すると後々も面倒な事になるので絶対に使わないほうが良い件
Pocket

2014010401

Youtubeの編集機能の「音声素材」を使用すると収益が受け取れなくなる件 | サムリのブログ

Youtubeが用意している音楽素材を使用すると「収益化」の対象から外れてしまうのです。

急いで「音声」から音楽を外す作業を行い、再び収益化出来るように戻しました。

収益化の対象から外れてしまう事を知り、1時間も経たずにYoutubeが用意している「音声」を外し、万事OKと思っていたんですが、それからさらに面倒な事が起こりました。

スポンサードリンク

音楽の著作権を持つアカウントから申立てが来たのです。

動画に第三者が所有する曲が含まれている可能性があります。たとえば、動画内でその曲が背景に流れている場合や、登場する人がその曲を演奏している場合が考えられます。

動画は再生できる状態なのですが、またもや収益化が出来ない状態に強制的に変更されてしまいました。

すでに書きましたが、音声を使用していたのはほんの1時間程度、そしてすでに外した状態になったので、再び収益化した状態です。

にも関わらず、著作者から「私の音楽を使用している!」と難癖を付けられてしまったのです。

こういった場合、異議申立てをする事が出来ます。急いで、指摘を受けた音楽については使用していない事を書き、送信しました。

幸い著作権を持つアカウントから、その日のうちに申し立てを取り下げてもらう事が出来ました。

しかしです。

安心した矢先、また別のアカウントから同じ動画に対して、同様の申し立てが届いたのです。

動画に音声を付けたのは1曲だけです。別のアカウントから申し立てが来るのは完全におかしいです。今まで動画に対してこのような申し立てを受けたことは一度もありません。音声を使用した動画だけ、このような申し立てを連続で受けてしまっています。

再び、異議申立てを行いましたが、今度のアカウントはなかなか返事をくれません。今現在も返答待ちという状態です。

悲しいかな、この返答待ちの期間は、収益化の対象化から外れたままなのです。

微々たるものですが、それでも毎日少しづつ視聴回数が増えているというになんとう仕打ちでしょう。やってられませんよ。

というわけで、YouTubeで収益化を狙う人は、遊びでも絶対に「音声」には手を出してはいけません。後々も申し立てを受けたりして面倒な事になる可能性が高まります。

2014年1月5日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数