はてなブックマーク - どうせ買うなら長く遊べる食玩がいい!4歳長男がハマり続ける二大食玩
Pocket


さて?これは何でしょう?

100円、200円程度ならと、ついつい買い与えてしまう食玩。(本当は中には300円オーバーの高額食玩も多数あるが)

我が家では、まず私が食玩が好き。そして奥さんが子供に甘い、さらに奥さんの両親は孫に超絶甘いので、どんどん食玩が増えていく。

しかし買い与えていくと、買った時だけ遊んで、すぐに飽きてしまう物と、いつまでも長く遊ぶものがある事に気づいた。

というわけで4歳長男が今現在ハマり続けている食玩を紹介。

スポンサードリンク

ほねほねザウルス

カバヤ★ほねほねザウルス★

骨の形をした恐竜のオモチャ。ほとんどのパーツが蛍光塗料の素材で作られていて、光を当ててから暗闇に持っていくと、じんわりと光るのが特徴。

トップの写真は長男オリジナルの謎のモンスターでしたww

ムゲンバインシリーズ

五体の食玩で大きなロボが出来るのが特徴の食玩。

今までは動物からロボへの変身合体が主流だったが、現在は大幅な路線変更を行い、乗り物やミニロボからの変身合体となっている。

我が家にはムゲンバーニングマシンロボNEXTがある。

二つの共通点

テレビアニメなどの連動商品ではないので、廃れる心配が少ない

スーパー戦隊や仮面ライダーなどのテレビシリーズ放映ものの食玩は、長くても一年で新しい商品に入れ替わり、過去の食玩は完全に飽きられてしまう。

しかし上記の二つの食玩にはTVシリーズがないため、廃れる心配がない。

自分だけのオリジナルが作れる

自由なカスタマイズが可能で、説明書通りだけでなく、自分だけのオリジナルが作れる。

一応、組み立て方法が乗っているが、それはあくまで楽しみ方の一つ。パーツを付け替えたり、付ける位置を変える事で、自分だけのオリジナルが作れる。

集めれば集めるほど、楽しくなる

差し込み穴の規格が統一されているので、沢山集めるとカスタマイズの幅が広がり、楽しみ方も広がる。

ムゲンバインは路線変更にはなっているが、規格は変わらないので、過去の作品を合体させる事が可能だ。だから、新しいのを買ったからといって以前のシリーズが不要になる訳でも、つまらなくなる訳でもない。

小さい子でも簡単

ほねほねザウルスであれば恐竜、ムゲンバインであればロボットと、それぞれにパーツに制約とルールがあるので、小さい子にとっては、逆にカスタマイズがしやすいといえる。

レゴブロックなどだと、何でも作れる反面、ゼロから作るのは発想的に難しかったりする。

まとめ

  • 大人でも楽しめるので、親子で作って遊ぶのもよいと思う。
  • 工作やお絵かきなどが大好きな長男は、自分のオリジナルを作るという事がとてもうれしいみたいだ。
  • しかし廃れると分かっていても、我が家には仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズの食玩は増え続けるのだったww
2012年2月13日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

食玩 の最新記事