はてなブックマーク - コレは必須!Googleウェブマスターツール用のサイトマップを生成してくれるプラグイン「Google XML Sitemaps with Multisite support」
Pocket

Googleウェブマスターツール用のサイトマップを用意するのを忘れていたのでプラグイン「Google XML Sitemaps with Multisite support」を入れた。

スポンサードリンク

SEOは必要か?

SEOはもう終わった、必要がないという話があるが、それは胡散臭いSEO業者が儲かる時代は「終わった」という意味だと思う。

スパム等の違法な行為や過剰なSEOでない限りは、やらないよりはやっておいた方が絶対にいい。検索エンジンではなく、ソーシャルがアクセスの軸に変わってはいるが、それでも検索エンジンからのアクセスがゼロになったわけではない。

サイトマップも用意しなくてもクロールはしてくれる。しかし取りこぼしは、どうしても起きてしまう。検索エンジンにとってクロールしやすい環境、それがサイトマップ。しっかり設定しておく。

WordPressでの設定

「Google XML Sitemaps with Multisite support」で検索をかけて、インストールし有効化すればオーケー。

設定を開くと、かなり色々とあるが、特にいじり倒す必要はないと思う。

私はサイトマップのコンテンツに「カテゴリーページ」と「タグページ」にチェックを入れて追加したくらい。

サイトマップファイルの場所で、配置場所とファイル名が指定できる。このURLはGoogleウェブマスターツールに登録する際に必要になる。

後は上の方の「こちらをクリックしてまず構築してください」をクリックすれば、サイトマップファイルが生成される。

Googleウェブマスターツールでの設定

Googleウェブマスターツールでサイトを登録する。サイト別のページの「サイトマップを送信する」をクリック。そして「サイトマップの追加/テスト」をさらにクリックしてサイトマップファイルを登録。

「テスト」ではなく「送信」をクリックで良いだろう。

サイトマップのページがこのようになれば完了。

まとめ

  • サイトマップを生成し、ウェブマスターツールに登録しただけで翌日から劇的にアクセスアップとはいかない。あくまで、やらないよりはやったほうがいいというレベル。それでもこういった小さい事を着実に積み上げていく事が必ずアクセスアップに繋がる。しっかりやっていこう。
2012年2月4日

ブログの更新情報はこちらからどうぞ

RSSリーダーへ登録していただく他に、facebookページや、twitterからもブログの更新情報をお知らせしています。是非ご登録下さい。



自己紹介

サムリ。1974年4月生まれ。東京都出身、埼玉在住。アメコミ映画に、仮面ライダー、ロボットアニメが好きな二児の父でフリーランスやっています。詳しいプロフィールはこちら

  • サムリブログのはてなブックマーク数

WordPressのプラグイン の最新記事